紙の本だけではなく、電子書籍という新しい本の形がでてきたことで自費出版で本を出す人も増えているようです。今までは素人が本を出版するということはかなり難しいことでした。しかし、電子書籍やPDFでの読書が可能になったころからこのスタイルは変化しました。また、今ではSNSやブログによるネット上での自分の文章の公開も一般的になっていますから、どんな人でも本を出そうと思えば出せるという時代になっています。ただし、最初から玄人著者のような出版社がついての出版というわけにはいかないでしょうから、始めは自費出版から始まるのが普通だと思います。その後自分で書いた著書が評価されるようになれば、お金をかけてでも本を出版させて欲しいという出版社が現れる可能性もあります。出版への第一歩として自費出版にこぎ着けましょう。

自費出版とはなにか?

宗教団体などでは、自費出版による教典の出版ということが今までにも多く行われていたようです。信者がいれば必ず売れる著作物となるはずですから、費用をかけても著者は元をとることはできたのでしょう。最近では個人でも自費出版をする傾向が強くなっているようです。電子書籍を専門に販売しているサイトなどを覗けばわかることですが、初めて本を出版したという人たちの本が並んでいることを確認することができます。こういった本は大抵0〜500円くらいで試し売りされているような形で紹介されているようです。しかし、最初たとえ0円であったとしてもその作品が評価されればその後も自分の著作物のファンがつく可能性がでてきます。今では誰もがインターネット上で自由なことを発言できる時代になりましたから、このように簡単に出版が可能になってきたと言えます。

自費出版の本には著者の思い入れがある

作家の出版物といえば、本人の物書きとしての腕はもちろんのこと、出版社とのつながりによっても大きく左右されていたようです。また、作家同士の横のつながりによって書いてみないかという声をかけてもらえることもあったと言います。このように書いてくれという出版社と書く作家のつながりによって本というものは生まれるものですが、それにはビジネスである以上、当然のことながら金銭のやり取りがでてくるわけです。つまり、出版費ですね。出版社が作家に頼んで書いてもらう場合は出版社がこの費用を払う事になりますが、その反対に自費出版という自分でお金を出して出版するという方法もあります。これはプロの作家が自分の書きたい著作物を出す方法としてはもちろん、素人が世の中に自分の出版物を広めるための方法としても行われています。自費出版は自分の懐から出版費用がでる分、その本に対する思い入れも強いのだといいます。

入稿から仕上がりまで、日数に時間がかかりません!データ入稿、紙ベーでの入稿、どちらでもOKです。紙や本文の文字などに箔押しも可能です。252円~から承ります。(50項100部の場合)本の種類や大きさから、お見積り致しております。お客様にあった印刷種類をご提案いたします。早くて、正確、低価格に自費出版いたしませんか?在庫保管や配送業務なども取り扱っております。特殊加工もできますので、お問合わせください。自費出版をお探しならこちら