パーティーのみならずロケの現場でも重宝されるケータリング

仲のよい友人や知人を集めての自宅でのパーティーシーンや場所を貸しきっての集い、会社の会議室を使っての打ち上げなどで利用されているものと言うとケータリングサービスがあります。このように人が集まって楽しい時間を過ごす場所で利用する傾向は近年、高まってきているのではないでしょうか。そんなこのケータリングサービス、撮影現場などロケでも大変重宝されていると言えます。ロケの合間の食事をより温かくて出来立ての物にすることで出演者やスタッフのやる気がよりアップするのだと言えます。ロケ向けの専門業者も増えてきていますし、弁当屋から注文するのから専門業者に変える動きも高まってきているのではないでしょうか。ケータリングサービスの最大のポイントはどんな場所にでも出来たての料理を提供してくれ、業者によってはパーティー中のサーブやパーティー終了後の後片付けまで行ってくれることです。参加者は純粋に集いを楽しむ事が出来ますし、とても便利だと言えます。料理の料金も最近ではリーズナブルな業者が多数現れてきているので、下手に居酒屋やレストランを利用するよりずっと値段を抑える事もできるのではないでしょうか。気になった方は1度利用してみてはどうでしょう。

ロケの際の楽しみ、ケータリング

テレビや映画などのロケの際、実施する側はいろいろなことに気を配らなくてはなりません。中でも演者さんに対するケータリングのことはとても重要です。例えば、演者さんの中には好物や苦手なものなどがありますから、そういうことを考えなくてはなりません。苦手なもの、という程度ならまだしも、中にはアレルギーなどの命に関わるものもありますから、そこまできちんと考えなくてはならないのです。また、椅子の数についても考えなくてはなりませんん。これは演者さんだけではなくスタッフさんの分もそうですが、一概に全員分を使うということはありません。というのも、ロケ地では全く座らないスタッフさんというのもいるのですから、そこを考えなくてはなりません。ただし一日中かかるようなものであれば、その場合はさらに演者さんのおつきの人やマネージャーさんの文までもかgなえる必要があります。そして、ケータリングのメニューについてですが、和風のものも洋風のものも準備できるようになっておきましょう。これは、食事に対しての好みの問題でもあります。若い演者さんだけの場合は手軽で温めやすい洋食で構いませんが、中にはお弁当を全て準備するケースもありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*